とりあえずKSSクルーへ。

「DTを好きになってからギターがうまくなりました!DTさいこうっす!」 −20歳男性

うそのようなほんとの話。

だってコピーしたくなるじゃん。でもできないじゃん。そこでがんばるといつの間にか音符を詰め込めるようになってるし、いつのまにか表現力もついてくるし、キーボードとのキモイユニゾンのおかげで運指もきたえられる。

たぶんギターだけじゃないです。

ドラムは手数足数そしてあるいみひどい変拍子なのに完璧なリズムキープ。

ベースは6弦でギター・キーボードとのユニゾン。

キーボードは音符の数とリズム。

ボーカルは叙情あふれるものから力強いものまで。

こんなバンドほかにないです。

本作はそんなDTの出世作。

メタル調のPull me underで幕を開け、それに続くバラードナンバーAnother Dayで泣かせ、Take the Timeでは非常にロック魂を感じる。

このじょばんだけでもうアルバム1枚分の濃さはあります。

正直どの1曲をとってもよくわからないデスメタルのアルバム3枚分くらいの濃さはあるとおもいますw

中盤はメロディー重視の曲が並びます。

Surrounded、Metropolis pt.1、Under a Glass Moon

なぜか僕の持っているアルバムにはMetropolisが入っていませんでしたが。初版とかなのかな?

そしてKeyとVoのみによるWait for Sleepで泣かせてくれます。ピアノの音色がすばらしい。これに続いてスタッカートのメロディーではいるのがLearning to Live。DT流プログレッシブロックのお手本ではないでしょうか?

とにかく聞いてみてください。出来れば音楽だけに集中できる時間に。そしてすべての楽器に意識をきちんと傾けてみましょう。作曲術、演奏力の高さに驚かされます。

イメージズ・アンド・ワーズ

伝説の始まり。

02. Struggle for the Freedom やっぱりイントロが最高。そしてやっぱりプログレ色の強い間奏が最高。ライブ定番曲。
03. Beyond of the Ground ソロの速弾きがSyuぽいのぅ。ライブ定番曲。
05.Rebel Flag YAMA-B先生の声が若いなぁ。キーボードがすばらしくラプソディー。
11. United Flag 縦のりイントロ。Bメロがすばらしく爽快。そしてさびはくさいね。

ガルネリに捨て盤はない。ただこの頃のYAMA−B先生ハイトーン辛そうだな〜w

The Flag Of Punishment

ドメスティックメロスピバンドGalneryusの神盤。やはりその認識は万人共通らしくライブでも02.03.04.06.07.10.はやる可能性が高いという。

02. Shriek of the Vengence うおっなんという神イントロ泣きギターソロ。もちろん疾走曲。サビの臭さは異常。
04. Shiver 泣き中心。
06. In the Cage ジャパニーズメロロック風味。
10. My Last Farewell さわやかイントロ〜ヘヴィーAメロ〜つなぎのBメロそして最高のサビ。はぁ〜なんていい曲を書くんだ。

神盤。神盤。神盤。聞くしかない。だから多くは書かないぜ。

Beyond the end to despair...

スウェーデンからのハードロックバンドHardcore Superstarの6th(?)アルバム。なんかデビューアルバムみたいな題名ですね。

彼らの特徴はほとんど予習しなくてもライブが楽しめること。つまり、モトリークルーのように曲名さえ知っていればさびではそれを叫ぶだけ。そんな単純なかんじがたまらなくいい。曲も明るい曲かバラードかの2択。とりあえずテンションはあがります。ノリノリ。

さあ頭を振ろうpt.1 Kick on the Upper Class SEから始まるこの曲はライブのオープニングに使われることもしばしば。
さあ頭を振ろうpt.2 Bag on your Head イントロのドラムなんか完璧ハードロック。
さあ頭を振ろうpt.4 She’s Offbeat まだまだ畳み掛けるようなたてのり。オーオーオーオーオーオーオー♪ 
さあ頭を振ろうpt.5 僕のいったライブでは確かラストだった曲。

 これを嫌いな人は少ないんじゃないかな?っていう感じの音楽。ライブが最高に楽しい。

 ハードコア・スーパースター

フィンランド発メロデスバンドChildren of Bodomのセカンド。

個人的にこのアルバムがCOBの最高傑作だと思っている。

02. Silent Night, Bodom Nightなんというかっこいいいいいいいいいいいいハモリを聞かせてくれるんだ。イントロ、間奏部分のギターとキーボのハモリなんか最高だし、二回目の間奏のモッシュパートのもいいいいいいいい。ソロも全部キーボとのユニゾン。曲全体が好き。Lake Bodomと2位3位を争う感じで好きです。
05 Towards Dead End イントロの臭さは反則です。間奏のダウンビートのところの裏で鳴っているキーボードもいいなぁ。
08. Children of Bodom ついにきた。バンド名の曲。イントロのモチーフがかっこいい。そしてこれも反則的な間奏にダウンビート部分があってそこからまた疾走するのです。
09. Downfall おそらく一番好きな曲で、しかも看板曲だと思う。イントロのキーボードが鳴り始めたら注意。いったいにモッシュの嵐が吹き荒れます。ソロがかっこいいいいいい。

よく考えたらイントロとか間奏とかインスト部分がかっこよすぎるんだよな〜

Hatebreeder

日本でも人気の高いメロデスバンドCOB(from フィンランド)の4thアルバム。

いや、ギター弾きながら歌うアレキシ君の姿はかっこいいよね。

01. Needled24/7 おなじみのイントロの感じで開幕。名曲。間奏〜ギターソロ〜キーボードソロ〜ギターソロのくだりが好き。
02. Sixpounder なんというベヴィチューン。おそらく好きな曲トップ3に入ってしまう。そんな名曲。また、PVも最高にいい。テキサスチェーンソーにインスピレーションを受けているのかね〜?
05. Angels Don’t Kill キーボードがいい仕事してます。
09. Hate Crew Deathroll タイトル曲。疾走感たっぷりなドラミングとリフのスライドが印象的。

毎度おなじみのカバー曲も楽しめます。あとはもうちょっとうまくなって演奏がずれないようになると最高のバンドなんだけどな〜

Hate Crew Deathroll 

Dream Theaterのドラマー、マイク・ポートノイが中心となって活動していたインストバンド。

メンバーにはペトルーシ、ルーデスがいて、ベース以外DTと一緒なわけであり、このLTEで一緒に活動していたルーデスが後にDTに加入した。

そんな彼らの1作目であるこのアルバムは01. Paradigm Shiftのスピード感あふれるナンバーではじまる。実際、テンポ210の16分のフルピッキングフレーズで始まるんだからスピード感が出ないわけがない。ただ、LTEはテクいだけじゃなくて、転調や、泣きのギターソロなどで「聴かせる」音楽が多いのも事実。この曲においてもそのようなパートが実に多い。
03. Kinded Spilit ロックなリフで始まり、爽快な雰囲気を通ってメロくなり、最後はまた爽快にギターとキーボードがハモってくれる。とてもききやすくて「いい」曲だ。
05. Freedom of Speech バラード。と思わせて転調などを駆使して曲の雰囲気が二転三転する。
07. State of Grace 子守唄。 08. Universal Mind イントロが爽快。全体的にメジャーな明るい曲。最後は遊び心たっぷり。
09.〜13. 3 Minutes Warning pt.1 〜 pt.5 すべてあわせると30分近くになる。

 いつかはやってみたい曲ばかりなのでメンツさえ集まれば。。。

Liquid Tension Experiment

2008年、ついに再結成を果たした彼らはロサンゼルス出身の4人組。いわゆるミクスチャーロックに近いスタイルを持つバンド。

70年代〜80年代のロックのようなリフの薬莢に風刺たっぷりの歌詞(ライムと呼ぶべきなのでしょうか?)の火薬を詰め込み、メンバー自身が銃となり世界へと発砲するそんなぶっ飛んだバンドです。

2000年にはアメリカ民主党党大会が開かれている隣の会場でその大会を批判するライブを行ったり、9・11の時には全曲がメディアでの規制にかかるなど過激なバンドでした。その動力源といえるのがボーカルのザック。彼自身「左翼」的思想を持っており、2000年のザック脱退によるRATM活動停止後はそちらのほうの活動に精を出していたとかいないとか。ザックのいなくなったRATMはクリスコーネルをむかえてAudioslaveを結成。こっちもなかなかにかっこいいロック。

このバンドのもうひとつの柱となるのが、ギタリストのトム・モレロ。かれのギター演奏の特徴は,泙襪DJのスクラッチのような「スクラッチ奏法」。これはギターについてるなぞのスイッチをいじることで出しているみたい。とにかくかっこよい。▲錙璽漾爾砲茲覯残操作。これもスクラッチ奏法に似たような効果ですが、やはり、DJのような感じです。また、彼の生み出す少しオールドな感じのロックリフは自然と体が動いてしまう類のものです。

で、ようやくアルバムの解説ですが彼らのオリジナルアルバムとしては一番最後に出されたのがこのアルバム。01. Testify 一曲目からぶっ飛んでます。イントロのワーミー操作、縦ノリのリフ。そして畳み掛けるようなザックのライム。これぞロック。「空腹の子供たちはおなかいっぱいの弾丸をポケットにつめている」なんてかっこいい表現があったようなきがしますwこの曲のソロを聞けばトム・モレロの演奏法がわかります。
02. Gueerrilla Radio 縦ノリ縦ノリ。
03. Calm Like a Bomb 静かなベースラインで始まるこの曲のイントロも強烈。ワーミーが光ってます。
05. Sleep Now in the Fire リフが一番かっこいい。これで勝手に体が動かない人は魂が凍ってます。Sleep Now in the Fire して溶かしてやりましょう。

 RATMは英語がわかる人にとってはもっと強烈なバンドなのでしょうが、自分は英語いまいちわからないので、純粋にかっこいいです。ただ、これを完コピするのには経済力とものすごいテクニックが必要な気がするので某サークルのあのバンドはすごいなぁとおもいます。

 The Battle of Los Angeles

元Mr.BigギタリストRichie Kotzenのソロ活動13作目のアルバムGet Up(2004年発表)

爽快なナンバーが続くこのアルバムは自転車や車で海岸沿いを飛ばすときに聞くと体感速度が1.5倍になる。そんな爽快なアルバム。とにかくギターの音がいいのです。彼の愛器テレキャスターのちゃらちゃらした音が最高にマッチしているそんな楽曲の嵐です。

01. Losin’ My Mind イントロ・リフのチョーキング音はギタリスト必聴。
03. Remember なけるバラード。なんだろう。暖かい気持ちが伝わってくる。英語の発音がとても聞きやすいのでなんとなくわかるせいかも。歌詞も簡単だから学校の授業で使えそう。
04. Get Up ロックロックロック。タイトルナンバーだけあってとてもかっこいい。
05. So Cold 一番お勧め曲。イントロ・リフのカッティングフレーズがやばい。
08. Still 一番テレキャスっぽいおと。ほんとうにグルーヴが気持ちいい。
10. Special 80’s を感じさせてくれるバラード。ネオンの光る雨降る街の中、こないとわかっている彼女をひとり傘も差さずにまっている。そんな情景が浮かぶ歌。

 捨て曲なしのアルバムであります。どの曲もキャッチーですぐに頭に入ってきます。ヒーリング効果もだいぶあると思うのでどうぞ。

Get Up

フィンランド発ヴァイキングシンフォニックメタルバンドTurisasの1stアルバム。イメージとしては30人くらいのオーケストラを乗っけた船上が戦場。ヴァイキングが戦ってる。たまに草原を駆けている。常時戦闘中。男臭。そんなバンド。

ホルンとかストリングスとかコーラス隊とかやべぇ。世界観がすごい。半分ネタバンドです。失礼かなwボーカルの声も臭いです。たぶん嗅覚的な意味と音楽的な意味で。

とにかく02. As Torches Rise 03. Battle MetalのイントロはFFをやったことのある人なら思うでしょう。これってファンファーレじゃねぇ?やりすぎ感の否めないホルンの音が逆に心地いいのです。学校に行く前に聞くとなんだかテンションのあがる作品。

バトル・メタル

« Previous Articles    
KSS CD Reviews (β) is based on WordPress platform, RSS tech , RSS comments design by Gx3.