Perfumeの新譜。先日買ったので早速レビュー書きます。適当ですがw
全体としてはなかなかの出来でした。相変わらずのテクノサウンド。

通学時、帰宅時にテンション上げるために聴くといいと思います。

ジャケ写ですが、黒い服着てゴスロリ狙ってるみたいです。
やっぱのっちが一番可愛いと思う。
今年こそ紅白に出て欲しい。

1:ポリリズム

もはや言わずもがな。日本に住んでいるなら聴け!

女の子はカラオケで歌えば盛り上がると思います。

 You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
2:Plastic smile
収録曲の中では割とカワイイ感じ。ライブでやりそうですね。

3:Game
いやー、これは…..。
アイドルでこれやるんだw!!!って感じですw
殆どブリブリベースとドラムだけ。(エディットしまくり) 
中田ヤスタカって人は本当にすごいと思う。攻撃的で感動的。

4:Baby Cruising Love
初めて聴いた時は叙情的すぎてびっくりしました。

5:チョコレイト・ディスコ
これも聴いて!

You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

なぜか教室がダンスフロアに♪

ってのっちが一人になるところがいいです。 

6:マカロニ
比較的しっとりした曲。湯船に浸かってる時に聴くといい。

7:セラミックガール
Aメロの言葉の乗せ方面白いなぁ。今なら普通に聞けちゃうけど、一昔前なら一流アイドルがこんな曲やるなんて考えられません。

8.take me take me
これなんかもうアイドルの曲じゃないです。
でもこの曲ライブでやるのかしら。。。?

9.シークレット シークレット
これはアイドル歌謡の金字塔の予感!
これをメジャーのどまん中でやっちゃうってのは正直驚きました。

10.Butterfly
ちょっとリズムのパターンが変わる。でもそんなの関係なし!

これは初めて聴いた時身震いしかしませんでした。神曲でした。
11.Twinkle Snow Powdery Snow
Butterflyでリズムに加えられたパーカッションパートが、ここに繋がってくるのですね。
この曲チョコレイトディスコと同じ位好きなんだよなぁ。疾走感があって。
あとしゅん!しゅん!って音たまりません。
12.puppy love
この曲はちょっと正当的アイドルソングという感じ。まぁ、でも最後はこうやって彼女たちの等身大に近い感じで終ろうという目論見だったのかもしれません。

選曲とアルバム全体の流れ:個人的にはSEVENTH HEAVENを最後に入れてくれれば完璧
アートワーク:のっちかわいい 

中田ヤスタカさんがプロデューサーでマスタリングまでやってます。
十分良い音質だと思います。
もうオリコンデイリー1位ですよ!

願わくばこれが起爆剤となって、日本の音楽状況がもっともっとなんでもアリになってったらいいなぁと心底思います。

 GAME(DVD付) 【初回限定盤】

「アイドル最後の希望」の灯を消すな!

最近大人気のテクノポップアイドルのベストアルバム。同一プロデューサーによる、ここまで一貫した(それもかなり特異な)コンセプトとクオリティの楽曲が、(ほぼ)デビュー以来3年間にわたってコンスタントに制作&リリースされ続けてきた……なんていうこと自体が、実はこの国のアイドル音楽の歴史上、類を見ない奇跡的な出来事なんじゃないか? 
 クレジットによれば中田ヤスタカ氏(1st 須田さんの知り合いらしい)、単に作・編曲だけでなく、レコーディングからミックス、マスタリングまでを私設スタジオで自ら司っている模様……かつてこのジャンルにおいて誰も成し得なかったほどの完璧な品質管理を独力で成立させてきた彼の功績は、公平に見て最大級の賛辞に値するものでしょう。

メジャー移籍後のカップリング含む全曲、さらにインディー時代のリード曲三つと『引力』(『ピタミンドロップ』のカップリング)、そして新録一曲が収められたベスト盤です。

ただ既発シングルを並べただけで十分コンセプト・アルバムの体を成してしまっているのがやっぱり只事じゃあないよなと思います。
 特に、その新緑曲『パーフェクトスターパーフェクトスタイル』〜『リニアモーターガール』(05年12月号)〜『コンピューターシティ』(2月号)〜『エレクトロ・ワールド』(イントロが付いたアルバムバージョン)と、ここ最近のシングルがつるべ打ちされる前半部は、中田氏描くところのテクノ=SF的な、それでいてパフューム=「アイドルポップ最後の希望」をメタ的に語っているとも取れる(からこそ、それがどこか非常にペシミスティックなムードで通底しているのがまた恐ろしい)詞世界の構築性と、最終的に『エレクトロ〜』で一気にエモーショナルにタカまる音楽的な流れの良さがあいまって、圧巻……恐らく旧来的なアイドルファンには、木の子氏(の”メンヘル”な)作詞時代の楽曲の方が相変わらず愛されやすいのだろうとは思うのですが…。

 ともあれ、この素晴らしい奇跡が、少しでも長く続くこと。これに勝る喜びはありません。

ちなみに

捨  て  曲  は  一  切  あ  り  ま  せ  ん  。

だから結論はひとつ!
メタルとかハードコアとかもう飽きたよ、うんこだよ。とか言ってる人もメタルとかハードコアは正義だ!とか言ってる人も気分転換にどうかぜひ、聴いてみてください。

Perfume~Complete Best~(DVD付) 

  1. HAPPY BIVOUAC
  2. RUSH
  3. LAST DINOSAUR
  4. CARNIVAL
  5. Our love and peace
  6. Crazy Sunshine
  7. Back seat dog
  8. Kim deal
  9. Funny Bunny
  10. Beautiful morning with you
  11. Advice

彼らの曲を、Mr.childorenやBUMP OF CHICKENなどがトリビュートしたことでも有名なバンド。何となく3ピースっぽいイメージなんですが、Gt.Vo+Gt+B+Drの4人構成。ベースラインが結構好きです。でも、ベースだけサポートメンバーで寂しい。

気だるかったり爽やかだったりな感じが好きです。歌詞が「これでもか!」ってくらいわかりやすいのもあれば、独特の表現だったりするのも、いい雰囲気を出してます。ただ音が悪い。そして青くさい。でも、そこがいい。このアルバムは、特に全曲通してエモいと思います。

一番のオススメは8曲目。歌詞はむず痒いし、曲調もわかりやすいポップな感じ。賛否両論わかれそうですが、何故か大好きな一曲。エモすぎです。

次は11曲目。これだけ雰囲気が全然違います。ちょっとNIRVANA意識してるのかなーとか思ってみたりする曲。

HAPPY BIVOUAC

    
KSS CD Reviews (β) is based on WordPress platform, RSS tech , RSS comments design by Gx3.