08年5月リリースのthe band apartの4th。 blurの5th、MUSEの4thを初聴したときと似たような違和感。新機材の導入、更に彼らが日々培っているロック以外の素養を出し惜しみなく放出した結果であると思う。今までのアルバムとは一味、いや大分違う。アコースティックのギター音と、ボサノヴァ、ジャズ、プログレ等の雑多な音楽的要素から導かれるリズムパターンの変化が今作では特に真新しく感じる。それと、band apartはメロディ重視になりつつあると思う。

彼らは今までどの作品の一発目にも即聴するやいなやそのメロディを頭の中でいつまでも反芻してしまうようなキラーチューンをかましてきた。「FUEL」(from 1st)、「coral reef」(from 2nd)、「still awake」(from 3rd)。、今作の一発目である「falling」にはそれら程の単体での存在感は正直言ってないと思うんだけど…。
そう、キラーチューンはありません。さらっと聴いてピンと来る感じはないけど、聴きこめば聞きこむほど病み付きになる各楽曲の奥深さとつながりのすばらしさ。まさにスルメ。初めて聴く人には絶対最初に勧めたくない。

個人的萌えポイント…#2「falling」 - ギターリフ、間奏のギターは中毒性があるね。荒井さんの歌い方が綺麗になった。心地いい。#3「I Love you Wasted Junks&Greens」 - アコギとぶりぶりベースのアンサンブルが最強。くっきりとした陰影をなぞる感じ。間奏でのソロ回しやばい。ベース神。#5「bacon and eggs」のギターソロ、mogwaiっぽい。7「Moonlight Stepper」 - メロ途中のハーモニクス。

一番好きな曲は#4「Cosmic Shoes」。超良いやばい。タイトルかっこいい。歌詞大好き。#6「Malibu」のイントロ、秀逸。

一枚のアルバムとしての完成度は今作が最強だと思う。

Adze of penguin




Write a comment


Name




    
KSS CD Reviews (β) is based on WordPress platform, RSS tech , RSS comments design by Gx3.