米のバンド でもvo&baは日本人(♀)  英語と日本語の詞が交互に聞こえてくる

米のインディーズ生まれのサウンドに日本語(ウィスパーボイス)が乗るというのはそれだけでなんだかとてつもない違和感を感じます それが、ユニークです

Radioheadの前座を務めていました

CDを聴いて僕が連想した語彙をあげてみると

オルタナ ポップ ダーク キュート 浮遊 ジャンキー コードマジック アンビエント 変拍子 かわいたギター

ローファイなギター おとあそび 中毒 独特の世界観

明るい曲と、暗い曲が交互に登場するような構成なので、聴いていて楽しいです

オフェンド・マギー



1 Comment to “Deerhoof - Offend Maggie(2008)”


  1. Test for xrumer — 2015/7/21 火曜日 @ 17:46:43

    test for xrumer



Write a comment


Name




    
KSS CD Reviews (β) is based on WordPress platform, RSS tech , RSS comments design by Gx3.